2013年09月23日

Phenixxx無事?終了

来場者の皆様お疲れ様でした。
屋台クルー、サウンドスタッフ、運営者の皆様も本当にお疲れ様でした。
有難う御座いました。珍しく翌日の投稿です!
なぜかと言うと、Phenixxx Soundsystem Awards "Highest Sound Qualty"を奪取できず!
悔し過ぎだからです。
応援してくれた皆様には本当に申し訳ないです。不甲斐ない結果でゴメンナサイ。

色々書くと負け惜しみになりますので、長々と簡潔にサウンドシステム中心に書きます!
まずは、会場の雰囲気
PNX2013.JPG
今年は5システムです。
順番にシステムに書いていきます。
手前から、福島のBlackBenz
blackbenz.jpeg
去年とは機材もシステムも大幅に変更されてました。気合いMaxxxx!
SubにHog+Tmax1500i、KickにES18+???モンスタードライバー
アンプはL-acoustic、Crown Macro-I、NORM ULTIMA D3等

次は地元栃木のベテランHi Tension
htension.jpeg
去年と見た目の変更点はSuper Tweeterのみですが
オリジナル ハンドメイド・マスター a.k.a ちょっと太ったユモっちゃん!
が怪しい機材をまたまた半田コテって、投入してました。
そう言うところがTurkey娘にモテル理由なのか!?

次は、我ラガtasteeです。
tasteed.jpg
この洗練された機能美!すばらしいですね。
去年と変更点はSubがオリジナルMini-Scoop+Tmax1800i
アンプはNORM ULTIMA D3が1台追加で、Q1、ULTIMA D3 x2、CARVER 1.5の4台です。

お隣は、ほぼ地元の茨城Maxtone Hi-Fi
去年はSuper Dankとして審査員で参戦してくれましたが
今年はクルーを結成して新たに本格参戦
maxtone.jpeg
Outlook Fesでご一緒しましたが、その時からの大変更は無かったと思います。
スーパーウーハーの球を2個交換と聞いてます。
SubにフルサイズScoop+極秘?スーパーウーハー、Kickに近いSubにオリジナルTapped Horn+PD.1850
アンプはMA5002VZ、NORM ULTIMA D3等

一番奥が八王子の中堅サウンド Lick Shot
lickshot.jpeg
唯一18インチx12発のBadmanStyleって感じでしたね。
SubにオリジナルMini-Scoop+V18-100、バスレフ+B&C等、HiにはビンテージJBL2"
アンプはMA3600VZx2、NORM D3等

気になる音質ですが、、
World Classです。マジで。
2008年にUKのNottinghill Carnivalでいろんなシステム体感してますが
余裕で通用する。と言うか、この5システムより上のを探すほうが困難だと思います。

Soundsystem Awardの方は、上にも書きましたが残念ながら奪取できず。
去年の審査委員長としては、お恥ずかしい限りです。
栄えある、Highest Sound Qualityに輝いたサウンドは
winner.jpg
Maxtone Hi-Fi!!!!
どうですか? この見れば見るほどふてぶてしい面々!
今すぐリベンジしたいです!!

以下、言い訳などです。
一番残念だったのは、最後のtasteeのターンで公職者が登場しバタバタと終了になったことです。
セレクターNegi-Tと、このターンの後半に
「鳴る」チューンを入れて行こうって話してたんですが、そこまで行けず。。
また、投票結果もMaxtoneとtasteeの一騎打ち的な状態でしたが
それはこの2システムが最後にプレーしていた印象点も大きかったと思います。
このターンの後に、1or2チューンのTune fi Tuneで
各システムの音を再確認してもらってキッチリとジャッジしたかったですね。

ただ、tasteeのベースはバッスンバッスンブ〜ンなのに対して
Maxtoneはドンドンブンボ〜〜ンの最後のボ〜〜ンの広がりが相当キテましたね。
圧巻でした。分かりにくいかな?
分かりにくいと思った方は、ぜひtasteeとmaxtoneの現場で体感して下さい!

どのシステムもサウンドチェックに10分程度と言う過酷な状態だったので
本来なら、もっと時間をかけてキッチリとチューニング出来れば、、、の思いはあったのですが
それは全システム公平です。
野外と言う環境、短時間にクルー一丸となって最大限の力を集約した
Maxtonは、やっぱり王者にふさわしいです。取るべくして取れた栄誉だと思います。
おめでとう!

巷で、たまに「音圧よりもバランス」とか「ベースよりクリアーな」云々
あたかも正論のように語られてるのを耳にしますが
私的には、そもそも概念が大違いだと思います。
ベース音圧を高めた上でバランスですよ。それがサウンドシステムだと考えています。
低い音圧でバランスとるのと、高い音圧 特に高いベース音圧でバランスとるのは
技術レベルが違いすぎて比較対象にもならないですよ。
ピンとこない人は、この5システム体感して低音の力を感じ欲しいです。

長くなったので、また書きます。








posted by TASTEE DISCO at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | KOTOBUKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/375588366

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。